釣り道具

【グレ釣り】ウキの選び方とおすすめしたいウキを紹介!

スポンサーリンク

おはこんばんちは!

最近釣りに行けなくて悩んでいるけいちょんです・・・

フカセ釣りを代表をする「グレ釣り」ですが、なくてはならない道具の一つに「ウキ」がありますよね!

そこで今回はグレ釣りでのウキの選び方と、おすすめしたいウキを紹介していきますね!

スポンサーリンク

グレ釣りウキの選び方

ウキの形状

円錐ウキ

フカセ釣りの中でも最も使用され、一番ポピュラーなウキの形状になります。

円錐ウキの中でもウキの形があり、それぞれ特徴があります。

どんぐりタイプ

 

この投稿をInstagramで見る

 

にしむぅ(@junglegym_nishimuu)がシェアした投稿

一番オーソドックスな形で、初心者~上級者までどなたが使用しても安定しています。

逆円錐タイプ

 

この投稿をInstagramで見る

 

横田一利(@fbtkazu)がシェアした投稿

 

下膨れとも呼ばれ、波や風に強いですが、ウキの下が膨らんでいるため水面の抵抗を受けやすく、若干感度が鈍ります。

三角ヘッドタイプ

 

この投稿をInstagramで見る

 

shin490801(@shin490801)がシェアした投稿

ウキの上部が三角の形になっており、遠投したり、仕掛けを張ってする釣りなどに向いています。

棒ウキ

チヌ釣りで使用するイメージがありますが、グレ釣りでも使用できます。

抵抗が少ないため感度の良さが抜群に良く、視認性にも優れていますが、波が高い時に使用すると波で棒ウキが浮き沈みし、仕掛けが馴染まないので注意しましょう!

斜めウキ

名前の通り海面で斜めに向いているウキで、全層誘導釣法などで使用することが多いウキです。

糸落ちが良く、視認性に優れていますが、糸落ちがいい分アタリがわかりずらいのがデメリットになります。

水中ウキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

鎌田義広(@kama.y.0423)がシェアした投稿

水中ウキは-(マイナス)で表示され、普通のウキとセットで使用され、軽い仕掛けを遠くに飛ばしたり、潮の流れを掴んだり、狙いのタナまで沈めたりと、様々な用途で使われます。

アタリウキ

アタリウキは魚が喰い渋ってアタリが微妙で分からない時に使用し、通常の円錐ウキなどと同時に使用します。

ただし固定で使用するため、せいぜい竿1本ほどのタナまでしか攻める事ができないのがデメリットです。

ウキの浮力

ウキには浮力があり、同じ形をしていても浮力により浮く力は様々で、魚がいるタナや潮の流れ方、波風はあるかなどその時の状況により使い分けるのですが、色々な浮力があるので覚えておきましょう!

浮力が強いものは、魚のタナが深い時や潮の流れが速い時、浮力の弱いものは魚の喰いが渋いときや、潮の流れが穏やかな時に使用するのが一般的です。

ウキの大きさ

ウキにもサイズがあり「S」「M」「L」と表記されているのですが、それぞれ自重が異なり、約9グラムほどの「M」が一番使いやすいサイズになります。

ちなみに「S」は軽い仕掛けで近距離、「L」は重い仕掛けで遠距離を攻める場合に使用します。

ウキの色

ウキにも様々な色があり、オレンジやイエロー、グリーンなどありますが、基本的にオレンジは晴れの日に見えやすく、イエローは曇りの時に見えやすいと言われています。

ピンクや白などもありますが、まずはオレンジとイエローを持っておけば間違いないでしょう!

結局ウキの選び方は?

持つべきウキは・・・

  • 円錐ウキのサイズは「M]
  • 浮力は「2B」「B」「G2」「0」の4種類
  • 色はオレンジかイエロー

を基本に選べば間違いないです!

スポンサーリンク

おすすめしたいウキ

TG ウェーブマスター (デュエル)

けいちょん
コストパフォーマンスに優れ、磯釣り界で有名な「平和 卓也」さんが開発したウキになります。

ちなみにけいちょんも愛用しており、感度抜群で非常に扱いやすいウキなので、特に初心者の方に是非使用していただきたいウキになります。

エイジア マスターピース (釣研)

けいちょん
釣研を代表するウキと言っても過言ではないウキ「エイジアマスターピース」は東九州を代表するクロ釣りの名人「猪熊 博之」さんが監修したウキで、惜しげもなく釣研テクノロジーが導入されています。

M-Hunter (AURA)

けいちょん
沈めて探る釣りに特化したウキで、なんといってもけいちょんの友人が監修しているウキでもあります(笑)

水中でも見やすく、ウキの形状が沈めても安定する形状になっているため、沈め釣りには最適ですよ!

ツインフォース 全遊動 (釣研)

けいちょん
上ウキと水中ウキのセットで、水中ウキが潮を掴んでくれ、さらにはオキアミと同じ沈降速度なので、違和感なく魚に餌を届けることができます。

セットでこのお値段はコストパフォーマンスに優れたウキともいえるでしょう。

T-レジェンド (ソルブレ)

けいちょん
ソルブレといえばウキ業界では高級な部類になりますが、高級ならではの丁寧な作り込みと、浮力の正確さ、耐久性には定評があります。

そのなかでも「T-レジェンド」はオールマイティーに使えるウキで、初心者~上級者まで満足できるウキになります。

まとめ

ウキと一言で言っても、実に様々な種類があり、最初から完璧に使いこなせることは出来ないと思います。

まずは今回紹介したウキの選び方と、おすすめしたいウキを参考にしてもらえたら間違いないと自負しております!

しかし釣りでウキにアタリがでてウキが沈むのは嬉しいことですが、釣れなくても心まで沈めないようにしましょうね!

関連記事

最後までご覧いただきありがとうございました!

皆様素敵な釣りライフを・・・!

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-釣り道具
-, , ,

Copyright© けいちょんの釣り情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.