釣り道具

磯釣りの初心者が必要な道具は?揃えるべき道具を紹介!

おはこんばんちは!けいちょんです!

磯釣りに必要な道具は多岐にわたり数多くあるので最初は分かりにくいと思います。

そこで初心者が揃えるべきおすすめ道具を紹介していきます!

スポンサーリンク

磯釣りの主なターゲット

メジナ(グレ)

磯釣り人気NO1の「メジナ」は、強い引きと、食しても非常においしいため、磯釣り師の人気ターゲットになります。

チヌ

様々な釣り方で釣る事が出来るため、人気のターゲットになります。

イシダイ

イシダイは専門で狙うことがほとんどで、メジナをやチヌを釣る繊細なウキフカセ釣りとは違い、イシダイを釣る釣り方は豪快そのものです!

磯釣り師憧れのターゲットになります。

磯釣りで揃えるべき道具

磯竿

1.5号5.3メートルが基本のサイズになります。

堤防や波止なら足元に障害物が少なく、釣りやすいので、短めの4メートル前後の竿でも大丈夫ですが、磯釣りの場合足元に障害物が多く、長い竿の方が、障害物を回避できるため、5メートル以上の竿をおすすめします!

上記の1.5号は竿の太さで、1.5号のハリスを使用するのが基準という意味で、他にも1号や2号など竿の太さがありますが、使う環境により竿の太さを決めます。

各メーカーから様々な機能をもった竿が販売されていますが、最初は1万円前後ぐらいの磯竿で十分でしょう。

 

磯釣り用スピニングリール

2000番か2500番のスピニングリールが一番使う大きさのリールになります。

スピニングリールの中でも、レバーブレーキ付きスピニングリールがありますが、リールに慣れないと使いこなすのが難しいので、慣れてきたらレバーブレーキ付きスピニングリールにステップアップしましょう!

 

磯釣り用バッカン

撒き餌を入れて作る四角いビニール製の箱型になったバックです。

磯釣りでは必須アイテムになります。

様々なメーカーから販売されており、ソフト、セミハード、ハードと3種類ありますが、一番のおすすめはハードになります!

なぜハードタイプがおすすめかというと、その名の通り硬いので、撒き餌を混ぜる時に混ぜやすく、撒き餌を遠投するときに、バッカンの壁面に撒き餌を押し付けやすいからです!

ライフジャケット

命を守るために必ず必要です!

現在、磯に渡す渡し船は国土交通省認定品ではないライフジャケットでも大丈夫ですが、令和4年2月からは国土交通省認定品の桜マーク付きのライフジャケットが義務化されますので注意してくださいね!

ライフジャケットの繊細についてはこちらで解説しています!

関連記事

磯釣り用靴

磯は滑りやすく危険なので、靴底の滑らない工夫がされている磯靴を履きましょう!

磯靴の靴底には、「スパイク」「フェルト」「フェルトスパイク」の3種類あります。

磯靴について繊細はこちらからどうぞ!

関連記事

 

ロッドケース

竿を持ち運ぶために必要です。

ソフト、ハードの大きく分けて2種類あり、一番のおすすめはハードになります。

磯場は特に足場も悪く、滑りやすくなっているため万が一転んだりしてロッドケースを落としたりすることも考えられます!

大事な竿を守るためにもハード

にしましょう!

磯バック

道具を入れて、持ち運びするために必要です。

中の構造が、上部と下部に区切られているものが使いやすいですよ!

磯釣りの魅力

大海原に荒々しく打ち付ける波・・・

広大な海の中で釣る磯釣りは、堤防や防波堤などの釣りとは一味も二味も違い、磯の上に立っている優越感と、大物が釣れるかもしれない期待感でいっぱいになります!

また、磯釣りは、魚の種類、魚影の濃さがすごく、大物が釣れる可能性も、堤防などに比べると大幅に確率が上がります!

そんな磯釣りは魅力いっぱいの釣り場所になります!

まとめ

磯釣りは準備する道具が多く、量が多くなるので持ち運びが大変です・・・

しかし釣行に慣れてくると、道具も最小限に抑えることができるようになります!

最初のうちは、忘れものが無いように何回も確認をして、できれば予備を準備した方が安心です!

安全最優先で、磯釣りを楽しんでくださいね!

関連記事

最後までご覧いただきありがとうございました!

皆様素敵な釣りライフを・・・!

スポンサーリンク



-釣り道具
-, , ,

Copyright© けいちょんの釣り情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.