夜釣り

【チヌ】電気ウキの選び方とおすすめ6選を紹介!

スポンサーリンク

おはこんばんちは!

チヌは警戒心が強く、日中はなかなか釣るのが難しいですが夜になると警戒心も薄れ、釣れやすくなります。

そんな夜釣りに必要なアイテムが「電気ウキ」になります。

今回は夜のチヌ釣りに必要な「電気ウキ」の選び方とおすすめ6選を紹介していきますね~!

【チヌ】電気ウキの選び方

チヌの電気ウキの選び方は「形状」「浮力」「カラー」で選びましょう!

形状

棒ウキ

チヌ釣りといえば「棒ウキ」を思い浮かぶ方が多いとおもいますが、やはりチヌ釣りの電気ウキでも棒ウキが一番のおすすめです!

夜釣りで一番重視したいのはやはり「視認性」

遠投してもウキのTOP部分が突出しているため、非常に視認性に優れています。

ただし、風が強い日や、波がある時などはウキが煽られて、アタリが分かりにくくなったり、なじまなかったりするので不向きになります。

円錐ウキ

 

View this post on Instagram

 

シロ(@whiteblack904)がシェアした投稿

フカセ釣りのウキと言えばこの「円錐ウキ」が人気ですね!

チヌの電気ウキでも使用しますが、棒ウキに比べて視認性が悪くなるため、チヌの夜釣りでの電気円錐ウキを使用している方が少ない傾向にあります。

浮力

チヌは基本的に海底がタナになるので、比較的重めの号数がおすすめです。

浮力はB、2B、5B、1号をそろえておけば、様々な場面に対応できます。

浅場(水深5メートル前後)ならB、2B

深場(水深10メートル前後)なら5B、1号

を基準に浮力を選びましょう!

カラー

 

View this post on Instagram

 

あべ たつや(@abetta_kobe)がシェアした投稿

近年LEDライトの発達で省電力で非常に明るい電気ウキが販売されています。

一昔は夜釣りでの電気ウキといえばケミホタルを装着して釣りをするのが定番でしたが、最近はLED搭載の電気ウキが主流になってきました。

そんな中ウキのカラーも様々な色があり、ご自身で見えやすいカラーを選ぶ事できるため選択肢も増えています。

主なカラーとして、「オレンジ」「グリーン」「レッド」などがありますがその他にも様々なカラーがありますので、お気に入りのカラーを見つけてみてくださいね~!

スポンサーリンク

【チヌ】電気ウキおすすめ6選

ファイバー細ウキ 5B YF-8306

管理人
スリムボディーなので、チヌ釣りに必要な感度抜群の高感度ウキになります。

高輝度LEDなので、視認性も優れています。

EF チヌ (ドラゴン)

管理人
チヌ釣り専用のウキなので、好感度で、5点式発光は抜群の視認性を誇ります。

EL時雨 1.5号(マルシン漁具)

管理人
高感度5点発光式のチヌ釣り専用電気ウキで、水の侵入を防ぐダブルリシコンリングや、中央部分が樹脂で作られているため、防水効果もアップされています。

ウキ 覇王 (マルシン漁具)

管理人
チヌ釣りはもちろん、その他の様々な釣りに対応できるのが嬉しいですね!

発光はケミホタル25を装着するタイプになります。

LED 電気ウキセット GD-05 (ガルツ)

管理人
電気ウキでもこちらはハリス、針、予備針がついたセットになっており、初心者の方には特におすすめしたいセットになります。

中通しウキ LFスマート 1号 (釣研)

管理人
どうしても円錐ウキを使いたいという方におすすめしたい円錐ウキで、夜釣りでの円錐ウキの弱点でもある視認性が、高輝度・長時間発光を可能にした新型LEDをダブルで採用されていることにより見事にに改善されてます。

まとめ

夜釣りでのチヌ釣りは視認性が重要です!

今回紹介している電気ウキは視認性に優れた物なので、お気に入りの1本があれば幸いです!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

皆様素敵な釣りライフを・・・!

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-夜釣り
-, ,

Copyright© 釣りプレ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.