釣り道具

夜釣りのライトはマナーが大事!コスパ最強ライト厳選TOP3はこれ!

おはこんばんちは!けいちょんです!

今回は夜釣りには無くてはならないアイテム「ライト」を特集します!

夜釣りだけではなく、キャンプや暗い場所での作業、停電時や災害時にも必要になるので参考にしていただければ幸いです!

それでは紹介していきましょう!

スポンサーリンク

夜釣りでライトのマナー

夜釣りでライトは無くてはならない道具ですが、使い方を間違えると釣果に影響したり、他の釣り人とトラブルになったりしますので、気を付けるポイントを紹介します!

  • 海面は絶対に照らさない(ライトの光で寄ってきた魚が散ってしまうだけではなく、他に釣り人が釣っているポイントを照らしてしまったらトラブルになるので絶対に海面は照らさないようにしましょう!)
  • 歩くときは足元を照らしながら歩く(正面を向いて歩くと他の釣り人を照らしてしまう場合があります!)
  • 釣っている最中はライトを付けっぱなしにしない(ライトの光がチラチラして非常に迷惑になります!)
  • 仕掛けを作る時は手元だけを照らす

マナーを守って快適に釣りをしましょう!

ライトの種類

ライトには「ヘッドライト」「ネックライト(首かけタイプ)」「ランタン」の3種類が主にあり、1番人気は「ヘッドライト」になりますが、状況次第で使いやすさが変わるので、自分の使いやすいタイプを選びましょう!

ヘッドライト

頭にバンドで固定して装着するタイプになります。

両手が自由に使えるため、様々な状況でも使用でき、釣りにおいては1番人気のあるタイプになります!

照らしたい方向に頭を向けるだけなので非常に使いやすいですね!

ネックライト

https://twitter.com

首からぶら下げて使うタイプになります。

オシャレなので最近人気急上昇中のアイテムですが、ヘッドライトほど自由度はあまり効きません!

しかし、手軽さはNO1でしょう!

ランタン

https://www.gakubun.net

置くタイプのライトになります。

体に装着することがないので、体への負担が全くありません!

釣りだと、手に持って移動になるので使いにくいですが、アタリを待つ釣りなど、移動しないのであればランタンタイプをおすすめします。

ヘッドライト部門1位

 

ヘッドライト部門1位に輝いたのは、「ジェントス ヘッドライト ヘッドウォーズ  HW-000X」になりました!

ジェントスは非常に人気のあるLEDメーカーで、このモデルは明るさ300ルーメンを誇り、実用点灯は約8時間、防滴仕様にもなっており至れり尽くせりです。

また、エネループなどの充電式乾電池に対応しているので汎用性抜群です!

高値で高機能モデル並の機能なのに値段が安く、コストパフォーマンスが非常に高いモデルになっています!

ちなみにけいちょんもこのモデルを使用していますが、今まで夜釣りで一度も不満に思った事は無いですよ!

2位

2位は「Litom LEDヘッドライト HP3A-S1」になりました!

アマゾンランキングでも1位になったことのあるライトで、明るさは168ルーメンですが、夜釣りでは十分に明るいです。

実用点灯は約30時間、IPX6防水使用で単四乾電池3本を使用します。

一番の特徴は、「ジェスチャー・センシング」機能がついており、センサー機能で使用すると、手の動きで点灯・消灯ができるので、汚れた手で触る事が無く、汚れを気にせずに済みます。

値段も安いので、コストパフォーマンスが非常に優れています!

3位

3位は「PETZL ティカ E93AAA」になりました!

シンプルでコンパクトながらも200ルーメンを誇ります!

実用点灯はなんと約60時間、IPX4防水使用で、一番の特徴は電池も使用でき、バッテリーも使用できる「ハイブリッドタイプ」になります。

ただしバッテリーはオプションになりますので注意してくださいね!

スポンサーリンク

ネックライト部門1位

ネックライト部門1位に輝いたのは「ブリーデン ノットオンリーネックライト BNL-03」になりました!

ブリーデンといえばソルトルアーのメーカーで、今回1位のネックライトもやはり釣り人目線で考えられたライトだな~と思いました!

非常にコンパクトですが、明るさは168ルーメンあり、実用点灯は約30時間、IPX6防水使用で単四電池を使用しますが充電式乾電池も使えます。

最大の特徴はIRセンサーによる「ジェスチャーモード」が備わっており、手をかざすだけでスイッチのON・OFFができるのです!

2位

2位は1位と同じメーカーの「ブリーデン ノットオンリーネックライト BNL-02」になりました!

明るさは220ルーメンで、実用点灯は約8時間、IPX6防水使用になっており、このモデルはUSB充電式になります。

ライト部分と電池部分がセパレートになっており、普通セパレートタイプは重くなりがちですが、このモデルは総重量167グラムと軽いですよ!

こちらも「ジェスチャーモード」搭載になっております。

3位

3位は家電製品で有名なPanasonicの「LEDネックライトBF-AF-10P」になります!

正直そこまで明るくはありませんが、手元や足元を照らすには十分でしょう!

値段も安く、近所の家電量販店などで販売していますので、お求めやすさはNO1ですよ!

スポンサーリンク

ランタン部門1位

ランタン部門1位に輝いたのは「ジェントス LEDランタン EX-136S」になりました !

さすがジェントス!強いですね~!!

明るさは370ルーメンで実用点灯は約8時間、単三電池6本使います。

また、防塵、防水性能はIP67で土砂降りの雨でも、砂嵐がこようとも、心配無用ですよ!

一番の特徴は、1メートル防水でフローティング機能になっており、なんと水に浮きます!

滅多にないと思いますが、万が一、釣りの時海に落下したとしても浮くので簡単にタモですくえます(笑)

2位

 

2位は「DABADA LEDランタン」になりました!

クリアレンズの時180ルーメンで、5種類の充電方法があり、釣りはもちろん、災害時、キャンプ、夜間の散歩など幅広く使用できます!

5種類の充電方法とは

電池:単4電池3個
太陽光:ソーラー充電(約24時間)
手動:手回し充電(5分間手回しで、約20分間)
車:シガーソケット充電(約7時間)
PC等:USBケーブル充電 (約7時間)

になります。

3位

3位は「ジェントス LED ランタン EX-V777D」になりました!

ここでもジェントス!!さすがです!

明るさは370ルーメンで、防塵・防水使用のIP64、さらに2メートルの落下耐久になっているので、耐久力は抜群です!

ビルトインフックやハンガーフックが付いており、様々な場所に掛ける事が出来ます!

まとめ

夜釣りには欠かせないライトも、様々なメーカーから、色々な機能が備わった物が販売されていて、かなり迷うと思います。

今回紹介したライトもほんの一部にしかすぎませんが、厳選に厳選を重ねたライトになっています!

釣りやキャンプ、災害時など必ず必要になりますので、参考にしていただければ幸いです

最後までご覧いただきありがとうございました!

皆様素敵な釣りライフを…!

スポンサーリンク



-釣り道具
-, , , , ,

Copyright© けいちょんの釣り情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.