釣り道具

【ダイワ】クーラーボックスでおすすめはこれ!厳選10選を紹介!

スポンサーリンク

おはこんばんちは!

最近ジムで筋トレにはまっているけいちょんです!

釣り道具の一つに欠かせないもので「クーラーボックス」がありますよね!

様々なメーカーがありますが、今回は釣り具メーカーでも有名な「ダイワ」から発売されているクーラーボックスで厳選10選を紹介していきますね!

スポンサーリンク

ダイワ クーラーボックスの選び方

クーラーボックスと一言で言ってもサイズや釣りの種類、断熱材の種類などによって選び方が変わってきます。

サイズ

一番小さいもので6L~一番大きいもので80Lと、幅広く展開されており、釣りの種類やターゲットになる魚の大きさで選びましょう!

6L~18L

ワカサギ釣りや海釣り公園、波止釣りなどターゲットになる魚が小さい時に選ぶサイズになります。

18L~27L

チヌやメジナなど、磯釣りなどで中型魚をターゲットにする時に選ぶサイズで、一番汎用性あります。

27L以上

ブリや真鯛など、船釣りで狙う大型魚をターゲットにする時のサイズになります。

断熱材の種類

発砲スチロール

ホームセンターなどでよく見かける箱型の発砲スチロールで、安価な物に使われており、保冷力は低く、近場で短時間の釣りや冬場などでは使えますが、真夏や本格的な磯釣りなどには向いていないでしょう!

使用環境により異なりますが、発砲スチロールの経年劣化(寿命)はおおよそ2年程になり、発泡剤がボロボロに崩れてきます。

発砲ウレタン

一般的なハードクーラーボックスに使われている断熱材になり、保冷力も十分あります。

使用環境で違いますが、発泡ウレタンの経年劣化(寿命)はおおよそ3年~4年ですが、クーラーボックス自体の経年劣化で水が内部まで浸入してくると著しく保冷力が低下してきます。

半年に一回はクーラーボックス自体の点検をして、水が内部に侵入していないかチェックしましょう!

真空断熱材

値段は高いですが、保冷力は抜群に高いです!

高価格帯のクーラーボックスに多く使われています。

使用環境で違いますが、真空断熱材の経年劣化(寿命)はおよそ10年以上は持つと言われており、その理由は冷蔵庫などに使用される真空断熱材が10年以上持つので、クーラーボックスの真空断熱材も同じぐらいなのではないかと思います。

ただ、10年以上とは言ったもののクーラーボックスの外側(プラスチック)が10年以上耐久があるのかは疑問なので、保冷力が低下してきたりクーラーボックス自体に損傷があれば買い替え時になります!

ダイワ クーラーボックスの特徴

ダイワのクーラーボックスには、氷の保ち時間の目安として「KEEP〇〇」という指標があります。

「KEEP」はJIS規格(JIS S 2048 : 2006)の簡便法に基づいて氷の残存率を算出しており、氷が解けるまでの時間として「KEEP○○」といています。

簡単に言えば、この「KEEP」の数字が高ければ高い程氷の解けきる時間が長い為、保冷力が高いですよという意味です!

https://www.daiwa.com/

スポンサーリンク

【ダイワ】おすすめクーラーボックス厳選10選

ミニクール S1050

けいちょん
6.5リットル、8.5リットル、10.5リットルの3サイズがあり、各5色から選べます。

釣りはもちろんキャンプやスポーツなど、コンパクトでかさばらないため幅広い用途があります!

ご家庭に1個あれば様々な使い方があるため重宝しますよ~!

断熱材はスチロールが使用されています。

スノーライン S1800

けいちょん
ショルダーやハンドル付きでとにかく必要最低限の機能で安くクーラーボックスを手に入れたい方におすすめしたいクーラーボックスになります。

釣だけではなくキャンプなどのアウトドアにも重宝するので汎用性は高いでしょう!

断熱材はスチロールが使用されています。

クールライン S800

けいちょん
クールラインの中でも小さいクーラーボックスで、近場での波止釣りやワカサギ釣りなど、ターゲットが小さい魚に向いているクーラーボックスになります。

断熱材はスーパースチロールが使用されています。

クールライン αⅡ GU 2500

けいちょん
保冷力が高く、剛性もあるため腰かけて椅子代わりにも使用でき、面倒な掃除の際も上ぶたが取り外せたりと、お値段の割にコストパフォーマンスに優れた製品になっています。

断熱材は発泡ウレタンが使用されています。

クールライン キャリー2 GU1500

けいちょん
大型静穏キャスターが付いているため、移動が楽にでき、長い沖堤防や電車移動での釣行など、長時間移動を伴う釣りなどの際に活躍するキャリークーラーボックスになります。

断熱材は発泡ウレタンが使用されています。

フィッシングクーラー ダイワRX 1800X

けいちょん
32リットル、26リットル、18リットル、12リットルとターゲットに合わせてサイズを選ぶことができ、高い保冷力と様々な釣り人に必要な機能が備わっており、人気のあるクーラーボックスになります。

断熱材は発泡ウレタンと真空パネルが使用されています。

プロバイザー HD ZSS2700

けいちょん
本格的なクーラーボックスで、磯釣り師など本格的に釣りをされる方には特におすすめしたいクーラーボックスになります。座っても大丈夫な「マッスルボディ」、開け閉めしやすい「リフトアップオープンシステム」など多機能で、サイズも1600~2700と用途によって選ぶ事が出来ます。

断熱材はZSSは6面真空パネルと発泡ウレタンが使用されています。

プロバイザー HD ZSS2700EX

けいちょん
このクラスのクーラーボックスを手に入れることができたら真夏の釣りでも怖くないほど抜群の保冷力があり、磯釣り師など本格的に釣りをしている方には特におすすめしたいクーラーボックスになります。

何といってもダイワのクーラーボックスの中でも最高峰の「極厚真空パネル」が使用されており、瀬泊りをしたり、真夏の釣行などはこの保冷力が活躍すること間違いなしです!

断熱材は極厚真空パネル6面と発泡ウレタンが使用されています。

ビッグトランクⅡ SU8000

けいちょん
内寸長が79.5㎝と長寸で、80センチ級がターゲットになるブリやヒラマサなどの青物を狙う時に使用するビッグクーラーボックスになります。

内寸高も30㎝と、2Lペットボトルが縦置きできるので大人数などでのアウトドアでも重宝しますよ~!

断熱材は真空パネル5面とスチロールが使用されています。

プロバイザートランク HDⅡ ZSS3500

けいちょん
「座れる頑丈マッスルボディ」や開閉便利な「リフトアップオープンシステム」など、中型魚~大型魚まで幅広く対応でき、船釣りなどで活躍すること間違いなしです!

断熱材はZSSで6面真空パネルと発泡ウレタンが使用されています。

まとめ

ダイワのクーラーボックスおすすめ10選を紹介してきました。

釣りだけではなくアウトドアや災害時などにも必要になるので、ご家庭に1個は持っておきたい生活必需品になると思います。

クーラーボックス選びの参考にしていただけたら幸いです!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

皆様素敵な釣りライフを・・・!

スポンサーリンク



-釣り道具
-, , ,

Copyright© けいちょんの釣り情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.