釣り道具

【石鯛】竿の選び方は?厳選おすすめ5選も紹介!

スポンサーリンク

おはこんばんちは!

最近朝活にハマっているけいちょんです!

石鯛は「磯の王者」とも呼ばれ、その強烈な引きと美味しさは、釣り人を魅了し、非常に人気のある釣りの一つになります。

そんな石鯛ですがやはり専用の竿があり、どのような物を選べばいいか悩むところです・・・

特にこの石鯛竿はお値段がしますので、購入してから後悔したくないですよね~・・・

そこで今回は、石鯛竿の選び方と、購入して間違いないおすすめ厳選5選を紹介していきますね。

スポンサーリンク

石鯛竿の選びかた

石鯛竿に限らず、ほとんどの竿に共通する部分でもありますが、選ぶポイントとして、「長さ」「硬さ」「重さ」が選ぶポイントになります。

長さ

石鯛竿は「4.8メートル~5.7メートル」の長さがラインナップされており、石鯛を釣るスタイルが手持ちか置き竿か遠投かで長さの選び方が変わってきます。

手持ちor置き竿なら5メートル前後の短めを、遠投なら5.3メートル以上の長めの竿を選びましょう

硬さ

石鯛竿には「M(ミディアム)」「MH(ミディアムハード)」「H(ハード)」の硬さがあり、一番おすすめしたい硬さは普通調子の「MH(ミディアムハード)」になります。

重さ

軽い石鯛竿は約500g前後、重い物だと1㎏ほどになる竿もあります。

体への負担を考えると、軽い竿を選んだ方がいいでしょう。

ただし、軽い石鯛竿は、価格が高い傾向なので、財布の中身と相談して、重さも財布にもバランスの良い石鯛竿をえらびましょうね~(笑)

スポンサーリンク

石鯛竿厳選おすすめ5選

1 剛心竿 二代目 小次郎 (ダイワ)

けいちょん
釣りメーカー「ダイワ」から販売されている「剛心竿 二代目 小次郎」は、ダイワの石鯛竿の中でもフラッグシップモデルになり、ありとあらゆるダイワテクノロジーが惜しげもなく使用されています。

このクラスの石鯛竿なら余裕も持って石鯛と戦う事が出来るでしょう!

2 石鯛 リミテッド (シマノ)

けいちょん
釣りメーカー「シマノ」の石鯛竿シリーズの中のフラッグシップモデルで、シマノの特性を高次元で融合させたもはや究極と言っても過言ではない石鯛竿になります。

とくにこの「H540」は、大型石鯛や、口白などのモンスター級を釣り上げることを想定しており、竿自体に粘りがあり、非常にパワフルな石鯛竿です。

3 がま石 本獅子 MH (がまかつ)

けいちょん
磯釣りといえば「がまかつ」と言っても過言ではないぐらい有名なメーカーですが、そんな磯を知り尽くした「がまかつ」から販売されている石鯛竿の中でも、最も美しく、最も高価で、最も扱いやすい石鯛竿がこの「がま石 本獅子」になります。

外見は美しく和竿になっており、惜しげもなくがまかつのテクノロジーが採用されています!

非常に高価ですが、必ず満足のいく1本ですよ!

4 新鋭 石鯛 (Rod.com)

けいちょん
「Red.com]は大物竿や石鯛竿をメインとしてるメーカーで、大分県の豊後高田市に会社があり、「新鋭石鯛」はネットショップで軒並み高評価を得ており、お値段の割には作りがしっかりして、コストパフォーマンスに優れている石鯛竿になります。

始めたばかりの初心者におすすめしたい石鯛竿になります。

5 極龍 石鯛 (宇崎日新)

 

けいちょん
長年釣竿を作り続けている「宇崎日新」が満を持して販売するのが「極龍 石鯛」になります。

この竿、けいちょんも使用していますが、作りが本当にしっかりしており、今ではほぼメインの竿として使用しています。

石鯛を掛けてからからのやり取りが非常にスムーズで、難なく石鯛を釣り上げる事が出来ます!

まとめ

石鯛を釣り上げるには、この竿選びが非常に重要になってきます。

その理由として、石鯛釣りは釣りジャンルの中でもパワーも重量もあるので、それに対抗できる竿を選ぶのが、石鯛を釣り上げる最善の方法だからです!

今回紹介した石鯛竿は、どれも十分に石鯛を釣り上げるポテンシャルを持った厳選した石鯛竿ばかりなので、是非参考にしてくださいね~!

関連記事

最後までご覧いただきありがとうございました!

皆様素敵な釣りライフを・・・!

スポンサーリンク



-釣り道具
-, , , , ,

Copyright© けいちょんの釣り情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.