釣り道具

タイラバロッドの選び方とおすすめ5選を紹介!これを選べば間違いなし!

スポンサーリンク

おはこんばんちは!

高所恐怖症のけいちょんです!

真鯛は「魚の王様」とも呼ばれ、釣り方はジギングやエサ釣りなど様々ありますが、そんな中でも一番シンプルにお手軽に狙える非常に人気のある釣り方に「タイラバ」があります。

今回はタイラバで使用するロッドの選び方とおすすめしたい10選を紹介しますね!

スポンサーリンク

タイラバロッドの選び方

長さ

タイラバロッドの長さは、短めの「ショート」と長めの「ロング」があり、それぞれ特性があります。

また、長さの呼び方は「ft(フィート)」で呼ばれ、1ftは30.48cmになります。

ショート(5~6ft)

操作性に優れ、短い分感度も良く、重さもロングに比べると軽いのが特性になります。

ただ、波が高い時などは仕掛けが安定しにくく、魚に違和感を与えてしまう可能性があります。

ロング(7ft以上)

タイラバ釣りだけではなく、他の釣りにも流用できるので、汎用性がショートに比べると高くなります。

また、ロッドが長い分仕掛けが安定しやすく、魚を掛けた時も掛けやすく乗りやすいメリットがありますが、ショートに比べると感度が劣り、重さも重くなるデメリットもあります。

重さ

タイラバ釣りは、落としてシャクルを繰り返すので、出来るだけ軽い方が疲れにくいですし、軽ければ軽い程感度がよくなります。

しかし軽ければ軽い程良いということでもなく、軽い竿のデメリットとして、剛性や強度が弱くなり、リールとのバランスが悪いと違和感がでてきます。

重さも「バランスが大事」ということになりますね~。

では、「どのくらいの重さがいいの~?」ということになりますが、目安として「120g前後」が一番バランスが取れている重さだといえるでしょう。

硬さ

タイラバロッドには、硬さ(適合ルアーウェイト)があり、柔らかいものから順に「L(ライト)」→「ML(ミディアムライト)」→「M(ミディアム)」→「MH(ミディアムヘビー)」→「H(ヘビー)」の順に硬くなっていき、適合するルアーウェイトも上がります。

  • L=浅場や潮の流れが緩い場所 ルアーウェイト=40g~60g
  • ML・M=汎用性が高く、オールラウンドに使用できます ルアーウェイト=70g~100g
  • MH・H=深場や潮の流れが速い場所 ルアーウェイト=100g以上

スピニングかベイト

タイラバロッドには、「スピニングタイプ」「ベイトタイプ」がありますが、基本的に「ベイトタイプ」をメインに使用します。

ベイトタイプを使用する理由として

  1. 着底が分かりやすい。
  2. 巻きのスピードが安定し、一定速度で巻き続けることができる。
  3. カウンター付きのリールが選べる。

以上がベイトタイプを使用する理由になっています。

一方スピニングタイプを使用する場面は、釣り場が浅く、キャストして幅広く広範囲を狙う時に使用します。

結局一番のおすすめは・・・

一番最初に持つべきタイラバロッドは・・・

  1. 長さ=6ft前後
  2. 重さ=120g前後
  3. 硬さ=MLorM
  4. ベイトタイプ

を最初の1本として選べば間違いないでしょう!

スポンサーリンク

タイラバロッドおすすめ10選

炎月 BB bs (シマノ)

けいちょん
シマノのタイラバロッドと言えばこの「炎月 BB」に決まりです!

基本性能もしっかりしており、お値段もお求めやすいことから、コスパに優れたロッドと言えるでしょう!

紅牙 MX エアーポータブル C63MHS (ダイワ)

けいちょん
ダイワの紅牙シリーズは様々なラインナップがあり、幅広いシチュエーションを想定して選ぶ事が出来るため、必ずご自身にあったロッドに出会うことができるでしょう。

ラグゼ 桜幻鯛ラバー SB68ML (がまかつ)

けいちょん
磯釣り師の間では知らない人はいないであろう「がまかつ」から販売されている鯛ラバロッドで、お値段もしますが、それに見合った性能を誇り、非常に使いやすいタイラバロッドになります。

なぜ使いやすいか分かるのかと言いますと・・・けいちょんも使用しているからです(笑)

ビンビンスティック VCM BS-C69 ML-VCM (ジャッカル)

けいちょん
ジャッカルはルアー界でも非常に有名なメーカーで、ルアーの事を知り尽くしているメーカーと言っても過言ではないでしょう!

そんなメーカーから満を持して販売されているロッドだからこそ、信頼性は高いロッドとも言えますよね~!

また、名前がそそられますよね(笑)

ソルパラ タイラバ (メジャークラフト)

けいちょん
タイラバ初心者におすすめのエントリーモデルで、気軽にお求めやすいお値段ながらも、高いコストパフォーマンスがあります。

初心者の最初の一本として非常におすすめしたいタイラバロッドになります。

まとめ

タイラバロッドは、ピンからキリまであり、非常に多くの種類が販売されており、4悩むと思います・・・

今回紹介したタイラバロッドは、厳選に選んだものばかりなので、どれを選んでも間違いなしです!

是非、タイラバロッドを選ぶ際の参考にしてもらえれば幸いです!

自由なメモ

最後までご覧いただきありがとうございました!

皆様素敵な釣りライフを・・・!

スポンサーリンク



-釣り道具
-, , ,

Copyright© けいちょんの釣り情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.